お連れ様はどちらですか? 客室乗務員の対応が話題に。

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。

男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

スポンサードリク

遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため搭乗手続きの際に中身を伝えた。機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。

「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。

引用:Yahoo!ニュース

 

 

以前、バニラエアーでの車いす利用の乗客とのトラブルがネット上でもかなり話題になりましたが、本来、日本の航空会社のサービス精神はこの記事のようなものだと思います。

暴露動画とか、Twitter炎上とか、いらいらするような話題ばかりが続いていたなかで、久しぶりに心が温まる記事ですね。

日本人として誇りに思います。

スポンサードリク

Twitterでも感動の声が広がっています

 

 

 

スポンサードリク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です