稲田防衛大臣 南スーダン日報「破棄した」協議の会議に出席していた!!

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されていた陸上自衛隊の部隊が作成した日報が、「廃棄した」とされた後も陸自内で保管されていた問題で、陸自内の文書の存在について対応を協議した省内の幹部会議に、稲田朋美防衛相が出席していたことが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。

スポンサードリク

政府関係者によると、この会議は2月中旬に開かれ、稲田氏のほか、黒江哲郎事務次官や陸自幹部らが出席。情報公開請求に「廃棄した」としていた昨年7月の日報が陸自内に電子データとして保管されていたことが判明したため、その事実を公表するかが協議された。

会議では、陸自に残っていた電子データについて「隊員個人が収集したデータであり、陸自の公文書ではない」との認識を共有。最終的に、陸自に保管されていた事実は公表しないことが決まったという。

稲田氏は3月の衆院安全保障委員会で、陸自内でデータが見つかったという報告を受けていたかどうかを民進党議員から問われ、「報告はされなかった」と答弁している。稲田氏は18日夜、自身が非公表を了承したかどうかについては「ご指摘のような事実はない」とコメントした。

引用:Yahoo!ニュース

 

 

やっぱりというか、とうとうというか、どんどんボロが出始めましたね~

今頃出てくるということは、おそらく、政府もこの人を見限ったということでしょうね。

安倍さんは今まで稲田さんをかばい続けてきたから、来月の新人事で首を落とすための材料をじわじわと流し始めているのでしょう。

でも、遅すぎですよね。

この人こそ、もっと早く切るべきだった。

まあ、この人切ったぐらいでは今の末期状態の安倍政権は復活できないでしょうけどね。

だからって野党はあんな感じだし……

ほんと、この国はどうなっちゃうんでしょうね……

 

      南スーダンPKOと日報をめぐるこれまでの経緯
【2016年】

7月 南スーダンのジュバで「戦闘」と日報に記載

9月 フリージャーナリストが7月の日報の開示を請求

12月 日報を「廃棄していた」として防衛省が不開示決定

統合幕僚監部に日報の電子データが残っていたことが判明

【2017年】

1月 陸自で日報の電子データを確認

稲田氏に統合幕僚監部内での日報発見を報告

2月 統幕内でみつかったデータとして日報を公表

陸自内でみつかったデータの対応を協議した幹部会議に、稲田氏が出席

3月 「1月に陸自内で日報がみつかっていた」などの報道を受け、稲田氏が特別防衛監察を指示

スポンサードリク

 

この問題をめぐるツイッターの反応は

スポンサードリク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です