藤井四段 新記録達成!! 前人未到の29連勝!! なんて14歳だっ!!

将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。藤井四段は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した公式戦連勝記録の28を30年ぶりに塗り替え、新記録を打ち立てた。

スポンサードリク

この日は渡辺明竜王(33)への挑戦権を争うトーナメント戦で、下から2番目の5組で優勝した増田四段と一番下のクラスの6組で優勝した藤井四段が対局した。

現在、10代の将棋棋士は2人しかおらず、藤井四段にとっては公式戦初の10代プロ対決を制した。

次戦は7月2日、同トーナメント4組優勝の佐々木勇気五段(22)と、30連勝をかけて対戦する。

竜王戦では、次戦の佐々木五段に勝ち、さらに阿久津主税(ちから)八段(35)、久保利明王将(41)、松尾歩八段(37)に連勝すると、羽生善治王位(46)ら5人のトーナメントの勝者と挑戦者決定三番勝負で戦うことになる。竜王戦は10~12月に七番勝負が行われるため、勝ち抜けば年内のタイトル獲得の可能性がある。

引用:Yahoo!ニュース

 

 

スポンサードリク

 

いや~~~~~!!

ついにやりましたね!!

きっとやってくれるとは思っていましたが、実際にやってのけるとはほんとに凄い人ですね!!

見るからに飄々として、緊張もなにもないように見えるけど、流石に今日は緊張してたんじゃないかな。

それとも、そんなこと本当に関係なく、ただ目の前の一局に集中してたのかな?

いずれにしても、凄いとしか言いようがないですね。

まだ14歳!!

14歳ですよ!!

これから、どれだけ伸びていくんでしょうね~

楽しみが増えますね~

次戦はまたしてもわずか5日後、7月2日日曜日、佐々木勇気五段(22)と30連勝をかけての対戦です。

このまま記録を更新し続け、誰もなしえないような記録を打ち立ててしまいそうですね。

陸上では18歳のサニブラウンが2冠。

卓球でも14歳の張本選手が頑張っているし、若い力がどんどん台頭してきていますね。

これからも楽しみです。

スポンサードリク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です